おひとりさま 終活

海洋葬とは?選ばれる理由・メリットやデメリットを解説

更新日:

海洋葬(かいようそう)は、ご遺骨の一部か全部を海に撒く埋葬方法です。

木や花の下に埋める樹木葬などの自然葬に分類され、細かく砂状にしたご遺骨を散骨します。先祖代々受け継ぐお墓に入るという従来の考えは変化し、自分らしく、自分が希望する埋葬を選ぶ方が増えてきました。

その中でも海洋葬は自然に還ることを望む方に注目されているのです。今注目される海洋葬の特徴や、メリットデメリットをご説明します。

海洋葬が選ばれる理由

海洋葬はご葬儀や火葬を終えたご遺骨の一部、または全部を海に撒く形式の自然葬です。

ご遺骨は散骨するために紛骨したうえで、海洋葬が許可されているエリアに船でご遺族が向かうプランが基本です。

海洋葬が選ばれる背景には、終活でご自身のエンディングを生前のうちから考える方が増えたことが挙げられます。

ご自身の希望に沿って葬儀やお墓のことを決める方の中には、生命の誕生の地である海に還りたいと願うケースがあります

海洋葬はお墓を持たずに、ご遺骨を海に還すため、先祖代々のお墓の埋葬を希望されない方や、自然葬を望まれる方に選ばれているのです。

海洋葬のメリット

海洋葬は通常の埋葬とは違った、さまざまなメリットがあります。

お墓を建てるより費用がかからない

海洋葬は海にご遺骨を撒く方法なので、お墓を建てるよりも費用がかかりません。

近年は終活によって、お墓を建てる以外の方法の供養が注目され、費用をかけずに済ませたい方が増えています。海洋葬は業者によって料金は異なりますが、費用は3万円台からと安価です。

プランによってはほかの方と合同で葬儀を行う合同葬もあれば、個別で対応するチャーター船を使ったものもあります。

国内であれば50万円以内のプランがほとんどで、新しくお墓を建てるよりも低予算になる点も支持されている理由です。

継承者の心配がいらない

海洋葬はお墓を継承する者がいない方でも、お墓を用意する必要がないため安心です。近年は少子高齢化の影響により、お墓を継承する方がいない理由から墓じまいするところや無縁仏が増えているのです。

海洋葬は特に墓標を用意せず、散骨して海に還す方法のため、お墓を作らずとも供養できる方法です。
継承者に不安があるおひとり様にも注目されています。

海に散骨する願いを叶えられる

海が好きな方にとって、海洋葬は好きな場所で眠ることができる供養方法です。

釣りが好きだった方や海のスポーツ、海そのものが好きな方など、海に対する憧れや想いが深い方にとって海洋葬は理想的な供養と言えるでしょう。生命の誕生地である海に還ることで、生き物としての安らぎや癒しを得たいといった、自然派思考の方にも好評の供養方法です。

海洋葬のデメリット

海洋葬は一般的なお墓とは違った点があり、ご遺族の理解を得る必要があります。お墓とは違う海洋葬ならではの気になるポイントをご説明します。

いったん紛骨する必要がある

海洋葬はご遺骨をそのまま撒くのではなく、紛骨(ふんこつ)する必要があります。紛骨とはご遺骨をパウダー状にする加工で、海洋葬では水溶性の袋へ入れて散骨します。

紛骨にはご遺族の同意が必要になるため、ご本人だけでなくご遺族にも協力してもらえるよう説明しておきましょう。

散骨場所によってトラブルが起きる可能性がある

散骨できる場所は限られており、周辺住民への配慮が求められます。漁業区域や海水浴場などの周辺、または観光地の一部では海洋葬を禁止しています。

そのため、必ずしもご自身が希望する場所で散骨できるとは限りません。散骨できる場所か確認したうえで、海洋葬を希望するかじっくり検討しましょう。

遺族の心のよりどころになる墓標がない

ご遺族にとってお墓は亡くなった方に手を合わせる目印のような場所であり、心のよりどころです。場合によってはお墓がない海洋葬を選ぶと、ご遺族はどこに手を合わせればいいのかわからないと、悩む可能性もあります。

ご遺族にとっては、広い海のどこに故人がいるのかわからないうえ、散骨した場所にはもう御遺骨が残っていないという悩みや悲しみが生まれる可能性もあります。

もちろんお墓がないからと言って、故人を想えなくなるわけではありません。お墓に埋葬する方法がまだ主流だからこそ、海洋葬などの自然葬はご自身だけで判断しないで、ご遺族の理解を得ることが大切です。

海洋葬の主な流れ

海洋葬の主な流れは、基本的にどこに依頼しても同じです。個人でチャーター便を申し込む場合は、費用は30~40万円程度、特定の場所にほかの方々と一緒に散骨する場合は10万円未満で申し込みできます。

海洋葬のおおよその流れを見ていきましょう。

ご遺骨を散骨する

ご遺骨はあらかじめパウダー状に粉骨します。海洋葬のプランの中に、紛骨が含まれていることが多いですが、別の業者にご遺骨の加工だけを依頼することも可能です。

当日は指定の場所まで船に乗り、ご遺骨が入った袋を散骨します。袋は水で溶ける素材など環境に影響を与えない工夫が施されているため安心です。

また、国内の近くの海だけでなく、沖縄や海外のリゾートで散骨できるプランを用意しているところもあります。
美しく澄み渡った海で散骨できるうえ、ダイビングライセンスをお持ちのご遺族ならご遺骨と一緒に海の中に入り、埋葬するといったスタイルも可能です。

海に花びらをまく

船の上から散骨したら、海に花びらを撒いて故人とのお別れをします。海では花束を禁じており、環境への配慮から花びらのみ許可されています。

遺品も自然に還るもののみが許可されているため、花びら以外で散骨と一緒に遺品を海に撒きたい場合は、可能か相談しておきましょう。

黙とうを行い船で旋回する

散骨と花をたむけたら、最後に船で黙とうします。散骨した周辺を船で旋回し、故人を想いながらお別れと感謝の気持ちを伝えましょう。

最後に船で港まで到着したら、海洋葬は終了です。

まとめ

海洋葬は東京湾沖の国内から、沖縄や海外リゾートまで、さまざまな場所で実施しています。海であればどこでも散骨して良いのではなく、許可されたエリアで粉骨した状態で行うといった決まりがあるため、個人ではなく業者に依頼しましょう。

海洋葬は雄大な海にご遺骨を埋葬することで、自然に還りたいという願いを叶えられる供養方法の1つです。もともと海が好きな方や、自然葬に関心がある方、お墓を持たない埋葬を希望される方は検討してみてはいかがでしょうか。

投稿者プロフィール

土屋福美子
土屋福美子
一般社団法人 包括あんしん協会理事
株式会社 WISHLANE 取締役

【資格】
ファイナンシャルプランナー
終活アドバイザー
高齢者住まいアドバイザー
デジタル遺品アドバイザー

お金だけでは解決できない想いを叶え、生きた証を後世へ橋渡しするためのあなた人生のスパイスとして一生涯サポートしています。

約5000人の保険コンサルティング実務経験から
「お金、心、身体」のトータルサポートが必然。
あなたの心からの笑顔と実現力を引き出すライフナビゲーター。
お問い合わせ
セミナー案内
終活サービスのご案内

-おひとりさま, 終活

Copyright© 包括あんしん協会 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.