やりたい事 健康寿命 終活 趣味

充実したシニアライフのために 取り入れたい趣味と習慣 〜美術館めぐり〜

更新日:

人生100年時代と言われる昨今、シニアライフのための備えはどなたにとっても避けて通れないテーマです。特に、寿命が高まる中で「単に寿命を延ばすのではなく、健康寿命を延ばしたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

健康寿命とは、一般的に「心身ともに自立して、健康的に生活ができる期間」のことを表します。2018年に発表された調査結果によると、平均寿命と健康寿命については、現在このような結果が報告されています(厚生労働省による調査報告)

男性:平均寿命80.21歳 健康寿命71.19歳

女性:平均寿命86.61歳 健康寿命74.21歳

現状ではこのような統計結果が報告されています。このような現状の平均値を知りつつ、生活習慣による影響を受けやすい健康寿命だからこそ、理想のシニアライフのための習慣を早めに取り入れていきたいものですね。

おひとりさまシニアライフで趣味を重視したい理由

本コラムでは「おひとりさまシニアライフ」のための終活を度々テーマとして取り上げています。兼ねてより本コラムのシリーズでもご紹介している通り、近年の厚生労働省による調査では、国内で58%の世帯、つまり過半数がの世帯が「高齢者のみ」あるいは「高齢者の一人暮らし」で生活を送っている状況が報告されています。このような傾向を知ると、現在は同居人がいる方にとっても、おひとり様で老後を迎える可能性を無視しておけません。

続いて、この終活コラムで取り上げる「おひとりさまシニアライフと趣味の関係」について注目してみましょう。大前提として、家族がいる・いないに関わらず、人生を充実させてくれる趣味は無いよりもあった方が良いと考える方が多いことでしょう。それでは、さらに「おひとりさまシニアライフ」だからこそ趣味の存在が重視される理由について、一歩踏み込んで考えてみましょう。

1)自分自身の変化に気づいてもらいやすい

特にシニア世代の体調の変化は、本人の自覚よりも先に家族が気づいて、適切な治療や対処に向かう手助けを行うことがしばしばあります。一方で、おひとりさまで老後を迎えた場合は生活空間の中で、本人の変化を客観視してくれる存在がありません。このような場合において、もちろんご近所付きあいが本人の変化へ気づいてケアしてもらえるような関係性もありますが、近所づきあいが希薄となった都市部では、これも難しい選択肢かと思います。

このように、おひとりさまの老後と交流の場を考えた時、特定の趣味があると、同じ趣味を持つ人同士での繋がりが生まれます。同居の家族がおらず、自分一人では自覚や行動がしにくい状況でも、趣味をきっかけに顔馴染みとなった方から「〇〇さん、しばらく集まりに来ないけど、どうしたんだろう」「最近少し顔色が悪いように見えるけれど、大丈夫だろうか」と気づいて、指摘してもらうことで病院へ行ったり、誰かの手を借りる背中を押されたりできるものです。

2)日々の健康習慣への意識が高まる

 

何よりも趣味の存在は、日々の生活に「やりがい」をもたらします。

やりたいこと、夢中に慣れる趣味が見つかれば、それは大前提として心身の健康があるから続けられるという事実を誰もが実感します。だからこそ、趣味を健康な身体で続けられる健康寿命を伸ばしたいと積極的な気持ちを生み出す源泉となるのです。

また、同世代が集まる趣味の場へ足を運べば、世代的にも必然的に健康への話題が浮かんでくることでしょう。「私は毎日ウォーキングをしている」「山登りへ行ってきた」「食事を少し変えてみた」など健康意識の高いコミュニティへ属すれば、自分の生活にも取り入れてみようと意識が芽生えるものです。誰からも促されないまま自分自身の生活を律するのが難しい環境であっても、趣味で生まれた交流から健康習慣を見直したというシニア世代も多くいらっしゃいます。

おひとりさまシニアライフだからこそ趣味を重視したい理由について、ご理解いただけたでしょうか? それではここからは、おひとりさまシニアライフの中で人気を集めるさまざまな趣味について、各回のコラムで内容別にご紹介いたします。

シニアライフで「美術館めぐり」が人気の理由

1)年齢を重ねたからこその教養が生かされる

ただ目で見るだけで美しい絵画や芸術品ですが、美術館は作品に関する物語を知りながら、知識と教養を携えて巡ればさらに味わいが深まるもの。作者の生まれ育った国や地域のこと、その絵画が描かれた時の時代背景や作者の心情に想いを馳せながら鑑賞すれば、一枚の絵を眺めて感じる感動もひとしおです。その点、若い時代と比べて人生経験を積んだシニア世代になってから美術館を巡ることは、年齢を重ねたからこその教養を生かして楽しめる趣味と言えるでしょう。

また、定年後ならばフルタイムで働いていた頃よりも時間ができるので、展示されている美術品や作家に関して事前に調べてから美術館めぐりへ出かける準備もできます。時間的な余裕の出来やすいシニアライフだからこそ、気になる美術館や作品について調べたり、気に入った作品を心ゆくまで鑑賞する贅沢を味わってみてくださいね。

2)他の趣味と繋げやすい

文部科学省が実施する調査結果によると、全国には453施設の美術館があると把握されています(2018年時点)。ちなみに、ミュージアム全般で見れば歴史博物館は470施設、科学博物館は104施設、総合博物館は155施設が設置されています。

大規模なミュージアムはどうしても都市部に集中している現状もありますが、地方に行けばその地域ならではのその土地の出身者の美術館や博物館がある場合も。

つまり、美術館めぐりを趣味に持っていると、旅先の楽しみが一つ増えたり、美術館へ行くことが旅行のきっかけになり得たりするのです。

他にも、一流の美術品をみながら自分の絵や工芸の趣味を深めたり、美術館のカフェや庭園を楽しむなど、種類と施設の場所が様々な美術館は、多様な趣味と繋げやすい点も人気を集める理由の一つです。

3)シニア特典を受けられる場合も

もしかすると、美術館めぐりは今まで縁のなかった人が新しく始める趣味としては敷居が高いと感じておられる方がいらっしゃるかもしれませんが、その点もご安心ください。映画館等の施設でシニア割があることと同様に、美術館によってはシニア割で安い金額、あるいは無料で入館できる場合もあるのです。大抵の美術館が一般料金で入館したとしても500円前後で利用できますので、他の趣味と比べて格段にお金が掛かるわけではありません。ただし、私立の美術館の場合は、公立の美術館に比べて入館料が高価な場合もございます。心配な方は、あらかじめ気になる美術館の入館料についてインターネットで調べて行かれると良いでしょう。

美術館へ行くまでの移動で身体を動かす機会になることも、健康シニアライフにとっては魅力の一つ。たとえ体力に自信がない方でも、移動のために歩くなど些細な時間で良いので身体を動かすこと、外出の機会を設けることはシニアライフで重視したいところです。入館料も無料~数百円で利用できること、さらに、興味を持った絵画について調べたりと出かける前後まで楽しめる点も考慮すれば、コストパフォーマンスの良い趣味の一つではないでしょうか。

まずは気軽にカフェタイムを兼ねて

ある程度の規模の美術館であれば、大抵の場合は中にカフェやレストランが併設されているものです。また、規模や美術館のコンセプトによっては、図書館やミュージアムまで設置されていることもあります。「自分は芸術・美術には疎いから・・・」と心配する必要はありません。
もしも自宅から行きやすい場所に美術館があるのならば、日中の散策気分で出かけてみてはいかがでしょうか。ざっと作品をみて回った後、カフェで休憩して帰るだけでも充実した一日のきっかけができることでしょう。

何度か、いくつか美術館を巡っている間に、お気に入りの作風のヒントが見つかるかもしれません。美術品を見ることへの関心が高まってきたら、美術館を目的に小旅行へ出かけてみること、または旅先で立ち寄れる美術館を見つけて旅行の行程を組むこと。そんな風に、今までの日々では選択肢に上がってこなかったシニアライフの過ごし方が広がってくるに違いありません。

絵画でみた景色をきっかけに、道端の花に目が留まるようになること。
好きな色、景色など、今まで知らなかった自分の内面に気づくこと。
ただ眺めるだけの美術館めぐりでも、きっと今までと違うシニアライフの景色を見せてくれるきっかけになるものです。

外出のきっかけとなる趣味づくりを!

社会の中の一員として交流を持ち、役割を持つことは、生きがいに直結します。同居の家族がいない場合、家の中での話し相手がいなかったり、家族ぐるみでの付き合いと縁遠くなる可能性が考えられますが、これ自体が悪いことでは決してありません。ただし、ご自身の変化に気づいて教えてくれたり、心配し合って、時に支え合えるような人との繋がりは生涯持ち続けていたいものです。職業人としての現役時代は、仕事が社会との繋がりとして機能していたのかもしれませんが、シニアライフでは、趣味をきっかけに意識的に社会との繋がりの場を用意していきましょう。

今回ご紹介した美術館めぐりは、基本的には一人で楽しむ種類の趣味です。ただし、地域によって、美術館によっては季節ごとのイベントとして「シニア向け鑑賞会」を開催していたり、あるいは学芸員さんがついていて季節ごとの展示に関するガイドを担ってくださる場合もございます。人付き合いが苦手なタイプの方でも、気に入った美術品の感想を一言二言と交わすような交流の機会ならば参加できそうではありませんか? また、人と積極的に会話しなくとも、ただ美術館へ行くことを目的として外出することだって、おひとり様シニアライフでは大きな意義を持つことです。健康寿命を延ばしてシニアライフを謳歌するためにも、何か外出の目的となる趣味は積極的に取り入れていきましょう。

この終活コラムでご紹介する中で、興味のありそうな趣味はありましたか?

「実際に老後になってから」と先延ばしせずとも、まずは週末だけ、一日30分だけでも新しい趣味と習慣を取り入れてみてくださいね。

 

投稿者プロフィール

土屋福美子
土屋福美子
一般社団法人 包括あんしん協会理事
株式会社 WISHLANE 取締役

【資格】
ファイナンシャルプランナー
終活アドバイザー
高齢者住まいアドバイザー
デジタル遺品アドバイザー

お金だけでは解決できない想いを叶え、生きた証を後世へ橋渡しするためのあなた人生のスパイスとして一生涯サポートしています。

約5000人の保険コンサルティング実務経験から
「お金、心、身体」のトータルサポートが必然。
あなたの心からの笑顔と実現力を引き出すライフナビゲーター。

-やりたい事, 健康寿命, 終活, 趣味

Copyright© 包括あんしん協会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.