健康寿命 終活 趣味

充実したシニアライフのために取り入れたい趣味と習慣〜写真を撮ること〜

更新日:

人生100年時代と言われる昨今、シニアライフのための備えはどなたにとっても避けて通れないテーマです。特に、寿命が高まる中で「単に寿命を延ばすのではなく、健康寿命を延ばしたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

健康寿命とは、一般的に「心身ともに自立して、健康的に生活ができる期間」のことを表します。2018年に発表された調査結果によると、平均寿命と健康寿命については、現在このような結果が報告されています(厚生労働省による調査報告)

男性:平均寿命80.21歳 健康寿命71.19歳

女性:平均寿命86.61歳 健康寿命74.21歳

現状ではこのような統計結果が報告されています。このような現状の平均値を知りつつ、生活習慣による影響を受けやすい健康寿命だからこそ、理想のシニアライフのための習慣を早めに取り入れていきたいものですね。

おひとりさまシニアライフで趣味を重視したい理由

本コラムでは「おひとりさまシニアライフ」のための終活を度々テーマとして取り上げています。兼ねてより本コラムのシリーズでもご紹介している通り、近年の厚生労働省による調査では、国内で58%の世帯、つまり過半数がの世帯が「高齢者のみ」あるいは「高齢者の一人暮らし」で生活を送っている状況が報告されています。このような傾向を知ると、現在は同居人がいる方にとっても、おひとり様で老後を迎える可能性を無視しておけません。

続いて、この終活コラムで取り上げる「おひとりさまシニアライフと趣味の関係」について注目してみましょう。大前提として、家族がいる・いないに関わらず、人生を充実させてくれる趣味は無いよりもあった方が良いと考える方が多いことでしょう。それでは、さらに「おひとりさまシニアライフ」だからこそ趣味の存在が重視される理由について、一歩踏み込んで考えてみましょう。

1)自分自身の変化に気づいてもらいやすい

特にシニア世代の体調の変化は、本人の自覚よりも先に家族が気づいて、適切な治療や対処に向かう手助けを行うことがしばしばあります。一方で、おひとりさまで老後を迎えた場合は生活空間の中で、本人の変化を客観視してくれる存在がありません。このような場合において、もちろんご近所付きあいが本人の変化へ気づいてケアしてもらえるような関係性もありますが、近所づきあいが希薄となった都市部では、これも難しい選択肢かと思います。

このように、おひとりさまの老後と交流の場を考えた時、特定の趣味があると、同じ趣味を持つ人同士での繋がりが生まれます。同居の家族がおらず、自分一人では自覚や行動がしにくい状況でも、趣味をきっかけに顔馴染みとなった方から「〇〇さん、しばらく集まりに来ないけど、どうしたんだろう」「最近少し顔色が悪いように見えるけれど、大丈夫だろうか」と気づいて、指摘してもらうことで病院へ行ったり、誰かの手を借りる背中を押されたりできるものです。

2)日々の健康習慣への意識が高まる

何よりも趣味の存在は、日々の生活に「やりがい」をもたらします。

やりたいこと、夢中に慣れる趣味が見つかれば、それは大前提として心身の健康があるから続けられるという事実を誰もが実感します。だからこそ、趣味を健康な身体で続けられる健康寿命を伸ばしたいと積極的な気持ちを生み出す源泉となるのです。

また、同世代が集まる趣味の場へ足を運べば、世代的にも必然的に健康への話題が浮かんでくることでしょう。「私は毎日ウォーキングをしている」「山登りへ行ってきた」「食事を少し変えてみた」など健康意識の高いコミュニティへ属すれば、自分の生活にも取り入れてみようと意識が芽生えるものです。誰からも促されないまま自分自身の生活を律するのが難しい環境であっても、趣味で生まれた交流から健康習慣を見直したというシニア世代も多くいらっしゃいます。

おひとりさまシニアライフだからこそ趣味を重視したい理由について、ご理解いただけたでしょうか? それではここからは、おひとりさまシニアライフの中で人気を集めるさまざまな趣味について、各回のコラムで内容別にご紹介いたします。

「写真」が人気の理由

各種ある「シニアライフで人気な趣味」の中から、今回は「写真を撮ること」に注目してみます。

シニアライフの趣味としての写真撮影、写真クラブへ入ることにどのような魅力があるのか考えていきましょう。

1)意外と身体を鍛えられる

写真を趣味にすることは、スポーツを始めることではありません。しかしながら、趣味が高じてきたら「よりキレイな写真を撮りたい、景色の美しいところへ行きたい」と欲が出てくるのが人の心。結局のところ、没頭するほどスポーツを趣味にするのと同じくらい、体力を使う趣味となる場合もしばしばあるようです。この写真への追求心に突き動かされて、景色の良い山々を歩いて回ること、重たい機材を持ち運ぶことも苦にはならない。そんな原動力を与えてくれることが、写真の魅力として挙げられます。

元々スポーツが苦手、好きではないという方も、写真をきっかけに身体を動かす機会を手に入れています。スポーツジムで身体を動かすことも良いですが、よい風景、植物を求めてカメラを持ちながら屋外を散策できることは心身のリフレッシュへ繋がります。外へ出て散策することに目的ができると、習慣として継続するきっかけになりますね。

もちろん、体力に自信がない方はご自身の体調に応じた範囲で写真を楽しむことだって可能です。お庭や近所の植物を撮影して、季節の移ろいを感じること。これも充分、心身をリフレッシュさせる時間へ繋がるのではないでしょうか。

2)コミュニケーションのきっかけになる

シニア世代にとっての趣味の中でも、人気が高い写真という分野。人気が高いということは、それだけのコミュニティが形成されている証拠でもあります。地域ごとに写真クラブが結成されていたり、写真教室が開催されていたりします。写真好きの人々で集って、季節の花や山川の風景を撮りに出掛ける遠足のような過ごし方も人気です。季節ごとに展示会やフォトコンテストが行われるので、そのために皆で企画や準備に携わって、やりがいを得られる可能性も大いにあります。同じ趣味を持つ人同士で交流して、社会との繋がりを作りやすい趣味の一種といえるのではないでしょう。

また、世代を問わずSNSへ写真を投稿することが普及した昨今、写真の腕が良いと頼られる人材となります。良い写真を撮ってあげて頼りにされるシーンもあるでしょう。相良い一枚が撮れた際には相手との会話も弾みそうですね。写真は相手の了承を得てから撮ることが大前提ではありますが、家族や友人の何気ない佇まいを綺麗な写真に残してプレゼントしたら、喜ばれる贈り物になりそうですね。

3)脳への刺激が与えられる

写真を趣味にすることは、シニア世代にとって特に気になる「脳のはたらき」を活性化する趣味の一種です。なぜなら、写真を撮ることに没頭すると、瞬時に頭の中ではあらゆる判断を行うことになるからです。
たとえば、

1)被写体を探すこと

撮りたい人やモノを探す時間、私達は周りのモノや出来事の情報を集めようと感覚を研ぎ澄ませます。この時、漠然と景色を眺めているときよりも脳は活発に動くのです。

2)構図や設定を考える

被写体が見つかって撮影の段階へ。この時は、より被写体が美しく、インパクトを持って映る構図を探ります。このときの頭の中では、図形認知に関する脳の分野が活性化されています。

3)シャッターを切る

いよいよ撮影の瞬間。刻々と動く景色や被写体の表情を逃さずシャッターチャンスを探る一時です。この時、シャッターチャンスを逃さまいと意識することが、脳の集中力を司る分野が鍛えられます。求める風景に至るまでリラックスしながら移動している時間と、いざ被写体を前に神経を研ぎ澄ませる時間。写真を撮る一連の活動の中には、リラックスと集中を使い分ける機会が詰まっています。

 

リラックスできる状態も作りながら脳の様々な分野を刺激することで、脳の活性化や機能力の維持へ繋がる趣味として写真を撮ることが役立つのでした。

写真サークルを探してみては?

「地域名 写真クラブ」などのワードで検索を掛けると、たいてい地域のサークル情報が出てくるものです。地域の有志で作ったサークル情報がでることもあれば、プロが運営する写真教室やサークル情報が提示されることもございます。

まずは自分ひとりで充分始められる写真の趣味ですが、そうは言っても「どんなカメラを買えば良いんだろう」「買ったものの使いこなせなくて辞めてしまった」なんてエピソードもしばしばあるようです。そんな事態を回避したい場合は、周りに教えてもらえる環境をまず整えることがオススメです。

ゆくゆく写真の魅力へ惹き込まれて良い写真を撮れるようになった折には、写真を趣味の範疇から超えて、シニアライフのお小遣い稼ぎとして活かせる選択肢も残っています。知人から有償で撮影依頼をもらうこともできますし、被写体への著作権が掛からない写真であれば、画像提供サイトへ登録して、ダウンロードされた時に使用料を得られるようなポータルサイトへ登録できるからです。

カメラや三脚、ライトなどの機材代も数万円〜何十万円とピンキリな写真の世界。楽しみ方も趣味から副業、仕事まで、裾野が広く、携わる人が多いので幅広い人達との交流の接点を得られることが、写真を趣味にする醍醐味ではないでしょうか。

おひとりさまこそ、社会との接点を持ち続けられる趣味づくりを!


終活コラムシリーズでいくつかの趣味についてご紹介してきましたが、写真は趣味のなかでも参加する人数がとても多い分野。つまり、社会との接点を持つ機会へ繋がりやすい趣味と断言できます。社会の中の一員として交流を持ち、役割を持つことは、生きがいに直結します。同居の家族がいない場合、家の中での話し相手がいなかったり、家族ぐるみでの付き合いと縁遠くなる可能性が考えられますが、これ自体が悪いことでは決してありません。

ただし、ご自身の変化に気づいて教えてくれたり、心配し合って、時に支え合えるような人との繋がりは生涯持ち続けていたいものです。職業人としての現役時代は、仕事が社会との繋がりとして機能していたのかもしれませんが、シニアライフでは、趣味をきっかけに意識的に社会との繋がりの場を用意していきましょう。いくら年金が入ってくるシニアライフとはいえ、自分の作ったものでもらえたお金への感謝と喜びは、少ない金額でもシニアライフに充実感を与えてくれるものでしょう。

「趣味は実際に老後になってから」と先延ばしせずとも、まずは週末だけ、一日30分だけでも新しい趣味と習慣を取り入れてみてくださいね。

投稿者プロフィール

大和泰子
大和泰子
一般社団法人 包括あんしん協会代表理事
株式会社 WishLane 代表取締役

【資格】
終活アドバイザー®
CFP®(ファイナンシャルプランナー)
デジタル遺品アドバイザー®
高齢者住まいアドバイザー

家族に恵まれなかった幼少時代の不安と孤独を突破し、今は3世代同居でにぎやかに生活中。
一生涯のライフプランをサポートする中、独りで誰にも看取られず亡くなる顧客を何人か見送った時、幼少の頃の孤独と重なり「孤独で苦しむ人を減らしたい」と思ったのがきっかけで、おひとり様サポートを行う「一般社団法人包括あんしん協会」を設立。
5000人の保険コンサルティングの実務経験から、保険の「資金準備」だけでは足りないと実感。「お金」「心・身体」「人」のトータルサポートを目指している。実際におひとり様が病気や介護になった時、また死亡時のサポート業務を行なっている。おひとり様の終活準備の必要性を啓もうする為セミナー講師としても活躍中。

-健康寿命, 終活, 趣味

Copyright© 包括あんしん協会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.