終活

【正解はおいくら?】

更新日:

老後の生活、あるいは介護の話題になると、必ず登場するのが“お金”の話です。
いつか、老後生活に入ったら・・・
もしも、要介護状態になったら・・・
「どれぐらいお金があればいいですか?」
「いくらぐらい貯めておけば安心でしょうか?」
いたって真っ当な問いだと思います。

yjimage

この手の質問をいただくと、いつも私は何とも言えない虚脱感を自覚します。
なぜならば、その問いの前提には
例えば・・・「3,000万円ぐらい貯めておきましょうね」といった具合に
“一問一答式”による一般的正解としての数値
が求められていることが、グイグイと迫り来る感じがするからです。

こんなとき、同時に私は条件反射のように
己を奮い立たせようとする“もう一人の自分”に気付きます。

まるで、受験問題集の巻末に収められた“回答編”でも参照するかのように
「どこかに書いてある」と思い込んで止まない正解とやらを
カジュアルに求められることに全力で抵抗しつつ

反面、その問いが、切実で真剣な思いに起因することを知っているから
「あなたの中にあるあなただけの答え」
にたどり着けるようガイドすることが
唯一、私にできることだと理解してもらえるように
そして実際にそのようにガイドできるように・・・。

例えば、介護に備えるお金のことを考えるとき
直接的な介護費用を蓄えておくことも大事なのかも知れません。
一方で、要介護状態になる原因の多くに、転倒・骨折からの寝たきり状態や
冬場の気温差(いわゆるヒートショック)による心疾患・脳血管疾患の後遺障害といった
自宅内での事故が圧倒的に多いことを知ると、私だったら
そもそも介護状態にならないために自宅のリフォームにお金をかけることを選ぶ
つまり“貯める”より“使う”という選択をするかなぁと思ってしまうのです。

pic_g065

何が言いたいのか?
介護への備え一つ取っても、一般的な、あるいは唯一無二の正解などないということ。
ライフプランニング全般も同様で、誰にも当てはまる数値などないということ。
あなたにとって真に納得のいく人生を送るために
インスタントな答えを求めて無意識に思考停止する習慣から、そろそろ卒業しませんか?

答えは外のどこかではなく、全てあなたの中にある!
一人で見つけるのが難しいときは、どうか遠慮なく私たちを頼ってくださいね。

ファイナンシャルコーチ 佐藤名ゝ美

投稿者プロフィール

大和泰子
大和泰子
一般社団法人 包括安心サポート研究所 代表理事
株式会社 WishLane 代表取締役

【資格】
終活アドバイザー
CFP®(ファイナンシャルプランナー)
相続診断士®

家族に恵まれなかった幼少時代の不安と孤独を突破し、今は3世代同居の幸せ家族。
独りで誰にも看取られず亡くなる顧客を何人か見送った。そして幼少の頃の孤独と重なり「孤独で苦しむ人を減らしたい」と思った。
5000人の保険コンサルティングの実務経験から、保険の「資金準備」だけでは足りない。生涯にわたり「お金」「こころ」「体」のトータルサポートが必要。そして病気や介護になった時は家族代行の業務を行なっている。

-終活

Copyright© 一般社団法人包括安心サポート研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.