エンディングノート

自分だけは大丈夫!!って心のどこかで思っていませんか?

投稿日:

ここ何年か巷では“終活”や“エンディングノート”なんていう言葉を耳にされたことがあるかと思います。

でも、70歳の方でも80歳の方でもお元気なうちは「わたしはまだエンディングノートなんて書かなくても大丈夫!」って思われている方が多いのも事実なんです。

 

斯くいう私も忙しさに感けて最近2年ぶりに人間ドッグに行ってきてのですが、生まれて初めて検査でひかっかり、再検査となり自分が一番びっくりしている状況です。

(もちろん何の自覚症状もありませんでしたので。。。)

 

仕事柄エンディングノートは書いたことがありますが、それでも全てを完結していることもなく優先順位を決めて重要なことから準備をしているので、いざもし重病で余命3か月なんてことになってしまったら・・・まったく時間が足りなくなってしまいます。

 

交通事故などもそうですが、予期せぬ出来事には自分も、そして周りの人たちもすぐに気持ちを切り替えて対処することが難しいと思いますので、事前準備が本当に必要なんだと改めて感じました。

そして、気持ちに余裕がある時でないとエンディングノートを書こうとは思えないんですね!

今回のことで、日頃の雑多に感けずに自分の人生を日々ちゃんと考えなければいけないと感じる良いきっかけとなりました。

 

人生80年として、人が一生で出会う人の数は、

何らかの接点を、近所の人  3,000人

親しく会話を持つ人     300人

友達と呼べる人       30人

親友と呼べる人       3人

だという説がありますが、人との出会いは天文学的に見て奇跡的な確率だと思いますので、人生は一度きり、一つの出会いに感謝して大切に生きていきたいですね。

 

包括安心サポート

土屋 福美子

投稿者プロフィール

大和泰子
大和泰子
一般社団法人 包括安心サポート研究所 代表理事
株式会社 WishLane 代表取締役

【資格】
終活アドバイザー
CFP®(ファイナンシャルプランナー)
相続診断士®

家族に恵まれなかった幼少時代の不安と孤独を突破し、今は3世代同居の幸せ家族。
独りで誰にも看取られず亡くなる顧客を何人か見送った。そして幼少の頃の孤独と重なり「孤独で苦しむ人を減らしたい」と思った。
5000人の保険コンサルティングの実務経験から、保険の「資金準備」だけでは足りない。生涯にわたり「お金」「こころ」「体」のトータルサポートが必要。そして病気や介護になった時は家族代行の業務を行なっている。

-エンディングノート

Copyright© 一般社団法人包括安心サポート研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.