もしもの時のプライベート秘書 エンディングノート 終活

断捨離診断クイズをスタートしました。

更新日:

終活・FP 大和泰子
あふれんばかりの物の中では、「本当に大切な事」は埋もれてしまい気づきにくくなっています。

「本当に大切な事」を明確にするために、物・事の断舎利をしてみませんか?

ボタンを押して断捨離診断をスタートしてみてください!

【断舎利診断をスタートする!】

何が起こるかわからない世の中だからこそ。

新型コロナウィルスの世界蔓延により、日本中に緊急事態宣言が出されコロナ感染の不安や、今後の社会や経済の不安、自由を無くした家族の居場所の不安など。

未だかつてない状況に、困惑している人が多い中、不安に振り回されない人が存在します。

そういう人は、外部環境、周りの人、情報などに左右されません。
そして、そういう人は未来でもなく、過去でもなく、今ここに在る自分軸を太く明確に持っています。

自分軸がしっかりしている人に共通している事は、「自分にとって本当に大切なたった5つの事」が明確になっています。

5つの事とは、自分が、沢山の大切だと思っている事の中で、自分にとって生きて行く為に重要な最も大切な5つに絞った「最重要事項」です。

実は、5つの最重要事項を優先して行動すると、他の大切だと思っている事は、実は必要では無いと気付く事が多いのです。

おつきあいだから、常識だから、かっこいいから、欲しいから・・・。

などで、情報や物や人間関係等どんどん増加していきます。

これらが過剰にある現代では、「大切だと思っている」と思い込んでいる事が、本当は重要でない事も多いのです。

投稿者プロフィール

大和泰子
大和泰子
一般社団法人 包括あんしん協会代表理事
株式会社 WishLane 代表取締役

【資格】
終活アドバイザー
CFP®(ファイナンシャルプランナー)
相続診断士®

家族に恵まれなかった幼少時代の不安と孤独を突破し、今は3世代同居の幸せ家族。
独りで誰にも看取られず亡くなる顧客を何人か見送った。そして幼少の頃の孤独と重なり「孤独で苦しむ人を減らしたい」と思った。
5000人の保険コンサルティングの実務経験から、保険の「資金準備」だけでは足りない。生涯にわたり「お金」「こころ」「体」のトータルサポートが必要。そして病気や介護になった時は家族代行の業務を行なっている。

-もしもの時のプライベート秘書, エンディングノート, 終活

Copyright© 包括あんしん協会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.