ペット終活

【ペット終活】ペットシッターの繁忙期について

投稿日:

ペットの終活活動を支援する「もしもの時のペット秘書サービス」代表の胡桃沢です。

 

8月から10月の連休まで、ペットシッターは大忙しだそうです。知り合いのペットシッターも「自分の愛犬と触れ合う時間もないくらい忙しい」とこぼしていました。最近、聞くようになった「ペットシッター」とはどんな仕事をする人なのでしょうか?

 

ペットシッターとは、ベビーシッターと同じように飼い主がいない時にペットの世話をする人です。ベビーシッターと違い、家族がいない時間にずっといてもらうというより、ペットの世話をする時間だけ来てくれます。サービス内容は、ペットシッターによりますが、散歩とご飯、ペットのケージやトイレの掃除などを行います。雨の日は散歩の代わりに遊んでくれたりしてくれるようです。利用の前に打ち合わせがあり、散歩のコースや注意事項を打ち合わせるので、ペットにとって日常と変わらない生活を送ることができます。

 

ペットホテルとの違いは、ペットの環境を変えずに飼い主は外出できることです。ペットにとって、環境が変わるというというのはとてもストレスがかかることです。そのため、ペットホテルに預けたのに、精神的に参って食べられずに痩せて帰ってくるペットもいるそうです。そんな細やかな性格のペットのためにペットシッターがいます。

 

デメリットは、留守中にペットシッターが鍵を預かって家の中に入れるので、どうしても防犯の心配はあります。そのため、信頼できる人からの紹介や評判をよく聞いて利用したいですね。また、きちんと頼んだ仕事をしたのか分からないこともあります。そのようなことも事前に調査するのもよいペットシッターを探すためには必要です。

 

年末にお出かけをする予定のある人は、ペットホテルだけでなく、ペットシッターも、検討してみてはいかがですか?

 

「もしもの時のペット秘書サービス」は、ペットの終活のためのサービスです。

残されたペットが少しでも楽しい余生を送ることを望まれるのでしたら、ぜひご相談ください。

 

投稿者プロフィール

大和泰子
大和泰子
一般社団法人 包括安心サポート研究所 代表理事
株式会社 WishLane 代表取締役

【資格】
終活アドバイザー
CFP®(ファイナンシャルプランナー)
相続診断士®

家族に恵まれなかった幼少時代の不安と孤独を突破し、今は3世代同居の幸せ家族。
独りで誰にも看取られず亡くなる顧客を何人か見送った。そして幼少の頃の孤独と重なり「孤独で苦しむ人を減らしたい」と思った。
5000人の保険コンサルティングの実務経験から、保険の「資金準備」だけでは足りない。生涯にわたり「お金」「こころ」「体」のトータルサポートが必要。そして病気や介護になった時は家族代行の業務を行なっている。

-ペット終活

Copyright© 一般社団法人包括安心サポート研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.